タニソバ   (谷蕎麦)   タデ科 


和名の由来  蕎麦に似ていて、山間の湿地や畑のわきなどに生えるのでこのような名前
花の特徴   茎はよく分枝し、無毛で、赤味を帯びることがある 花は頭状花序につき、苞葉の上に接してつく 花色は白から淡紅が多く 花序の下の茎には腺毛がある
開花時期   6−9月
分布生育地  北海道から九州     山地のやや湿った場所
その他   (仲間)   ミゾソバ    オオミゾソバ    ソバ


(画像clickで拡大)
21.09.28.  (green-p)17.09.24.  (tai-mt)14.09.14.  (tai-mt)06.10.10.  (tai-mt)11.10.02.  (kagi-mt)13.09.19.  (tai-mt)14.08.31.  (tai-mt)14.08.31.  (tai-mt)06.10.10.  (tai-mt)15.10.07.  (tohoku-bot)15.10.14.  (tohoku-bot)15.10.14.  (tohoku-bot)