ミゾソバ   (溝蕎麦)   タデ科 


和名の由来  花や草姿が少しソバに似る。それで付いた  葉は牛の額に似る
花の特徴   花は小さく、花弁状のガクが5裂 裂片の先は紅色がぼかし状に入っている
開花時期   8−10月
分布生育地  日本各地  溝のような湿った場所に群生
その他   (仲間)   オオミゾソバ     タニソバ    ソバ


(画像clickで拡大)
21.09.26.  (kohan-s)21.09.21.  (tai-mt)17.10.05.  (tohoku-bot)15.09.12.  (tai-mt)05.08.31.  (tai-mt)07.09.11.  (tai-mt)12.09.30.  (hata-gre)11.09.07.  (hata-gre)13.09.20.  (hata-gre)11.09.25.  (hata-gre)18.10.15.  (hirose-riv)