トンボソウ    (蜻蛉草)      ラン科 


和名の由来 花の姿をトンボに見立てて付いた名
花の特徴  葉は根元に普通2枚 背萼片と側花弁2個はかぶと状になり、側萼片は開出する。唇弁は3裂し、側裂片が小さく横に出て、T字形となる。距は細く下に垂れ下がる
開花時期  7-8月
分布生育地  全国各地  山地の湿地
その他  (仲間) オオバノトンボソウ  コバノトンボソウ


(画像clickで拡大)
22.07.31.  (yamagata-bot)22.07.31.  (yamagata-bot)22.07.31.  (yamagata-bot)22.07.21.22.07.21.22.07.21.22.07.21.21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)21.07.22.  (aomo-gre)