オオバノトンボソウ   (大葉蜻蛉草)   ラン科 


和名の由来  距が垂れた特徴的な姿がトンボに似ているとして名がついた
花の特徴  茎は30〜60cmになり、翼状の稜がある。葉は互生 花は黄緑色 背萼片と側花弁はかぶと状に重なる
開花時期  6−7月
分布生育地  北海道から九州   林の縁
その他   (仲間) トンボソウ


(画像clickで拡大)
22.07.20.22.07.20.22.07.20.21.07.1721.07.1721.07.1721.07.1721.07.1721.07.1721.07.1710.07.19.  (tai-mt)10.07.17.  (tai-mt)10.07.19.  (tai-mt)10.07.17.  (tai-mt)10.07.19.  (tai-mt)10.07.19.  (tai-mt)