フユノハナワラビ   (冬の花蕨)   ハナヤスリ科 


和名の由来   冬に胞子葉をもたげ、あたかも花のようであるというのが和名の由来
花の特徴   冬に栄養葉を展開し、胞子葉「花に相当」を伸ばす。葉は「蕨」の葉に似ない
開花時期   9月ー
分布生育地   本州 四国 九州  草原や林の中
その他   


(画像clickで拡大)
21.10.14.  (yasou-bot)10.10.27.  (tai-mt)16.09.05.  (yasou-bot)16.09.05.  (yasou-bot)12.09.30.  (tai-mt)14.08.25.  (tai-mt)08.10.21.  (tai-mt)19.11.22.  (tai-mt)05.10.09  (tai-mt)08.12.16.  (tai-mt)14.09.19.  (tai-mt)15.10.14.  (tohoku-bot)