コバンソウ   (小判草)   イネ科  


和名の由来  淡黄色く熟す平たい卵型〜楕円形の小穂を、黄金色の小判に例えた
花の特徴  小花を沢山付けた小穂ができる 柄が細く逆さに垂れる 小穂は最初緑色 やがて黄褐色になる
開花時期   6-8月
分布生育地  ヨーロッパ原産の帰化植物
その他    (仲間) オオバンソウ      ニセコバンソウ


(画像clickで拡大)
コバンソウ  (24.05.14.  akiu)21.06.03.  (akiu-bot)20.05.31.  (akiu-bot)20.05.31.  (akiu-bot)20.05.15.  (akiu-bot)15.05.18.  (sonota)15.05.18.  (sonota)15.05.18.  (sonota)14.06.03.  (sonota)14.06.03.  (sonota)14.06.03.  (sonota)14.06.16.  (sonota)