オミナエシ   (女郎花)   オミナエシ科 


和名の由来  「おみな」は女、「エシ」は古語の「圧し(へし)」で、圧倒するの意味
花の特徴  茎の上部で枝別れし小さな黄色い花を多数付ける 
開花時期  8−10月
分布生育地  日本各地  野山の草原
その他   (仲間)  オトコエシ


(画像clickで拡大)
22.08.19.  (yamagata-bot)21.08.28.  (kohan-n)21.08.11.  (kohan-n)20.09.04.  (20.09.04.)  白花は「オトコエシ」16.09.05.  (yasou-bot)19.08.01.  (akiu-bot)20.08.07.  (akiu-bot)15.08.04.  (yasou-bot)15.09.01.  (yasou-bot)15.09.01.  (yasou-bot)17.07.26.  (yasou-bot)17.09.04.  (yasou-bot)