ノコンギク   (野紺菊)   キク科 


和名の由来  花の色が、紺色であることから「ノコンギク」
花の特徴   茎の上部で細かく枝別れし、先端に淡紫色の花を咲かす 花弁は舌状花で15−20枚 
開花時期   9−10月
分布生育地  本州 四国 九州   山地の草原 道端
その他   (仲間)  キクと名前の付く花


(画像clickで拡大)
20.10.09.  (kohan-pak)11.10.18.  (hata-gre)19.10.27.  (gamo-tid)18.10.15.  (hirose-riv)13.10.21.  (hata-gre)09.09.26.  (tai-mt)14.09.23.  (tai-mt)16.10.18.  (tohoku-bot)17.10.15.  (tohoku-bot)12.10.27.  (hata-gre)11.10.02.  (kagi-mt)15.10.07.  (tohoku-bot)