ムラサキツユクサ   (紫露草)     ツユクサ科  


和名の由来  花汁を染料にして染めたので「ツキクサ」 後に「ツユクサ」に  花の色が紫色なので「ムラサキ」が付く
花の特徴  花径2〜3センチの紫色の三弁花が茎先に集まって咲く。花の色は青紫や赤紫のものがある。早朝に咲いて午後にはしぼんでしまう一日花
開花時期  5-8月
分布生育地  ツユクサの園芸用品種が野生化
その他  (仲間)  ツユクサのいろいろ


(画像clickで拡大)
22.05.09.  (hata-gre)17.05.31.  (aoba-pak)14.05.29.  (tai-mt)14.05.29.  (tai-mt)14.05.29.  (tai-mt)14.06.17.  (tai-mt)14.06.03.  (kagi-mt)14.06.03.  (kagi-mt)14.06.05.  (kagi-mt)14.06.05.  (kagi-mt)14.06.05.  (kagi-mt)15.06.10.  (tai-mt)