ミヤマウズラ   (深山鶉)   ラン科 


和名の由来  ミヤマは深山の意味 本種は低い山にも自生する。「ウズラ」は葉の模様が「鶉」の羽の模様に似ることから
花の特徴  花の正面に淡茶斑が2つある 上がく片と側花弁とが寄り集まって孟子のよう その下でヘロのような唇弁(しんべん)花の背後で左右に広げているのが側がく片
開花時期  8−9月
分布生育地  北海道 本州 四国 九州   山地の林内
その他   


(画像clickで拡大)
22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.19.  (yamagata-bot)21.07.22.  (aomo-gre)08.08.03.  (tai-mt)06.08.08.  (tai-mt)08.08.09.  (tai-mt)06.08.11.  (tai-mt)06.08.11.  (tai-mt)10.08.19.  (kagi-mt)15.07.26.  (tai-mt)15.07.26.  (tai-mt)