ミヤマトウキ   (深山当帰)       セリ科 


和名の由来 病にかかった妻がこの薬草を飲んだところ、病が治り離れていた夫が帰ってきたと言う言い伝えからトウキ(漢方の生薬をトウキ(当帰)と呼ぶ)  高山に生えるのでミヤマが付く
花の特徴  直径3ミリ程の小さな花が、小散形花序に多数付ける
開花時期  7-8月
分布生育地  本州北部  亜高山帯
その他  (仲間)トウキ  ホソバトウキ


(画像clickで拡大)
22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)22.07.28.  (zao-mt)21.08.05.  (zao-mt)