ミヤマハコベ    (深山繁縷)   ナデシコ科 


和名の由来  山地の生えるハコベ
花の特徴   他の繁縷に比し1pほどの大きな花を付ける 花弁は5枚切れ込みが深いため10弁に見える
開花時期  5−7月
分布生育地  日本各地  山地のやや湿った日陰に見られる
その他   (仲間)   ハコベ    ナンバンハコベ    ウシハコベ


(画像clickで拡大)
22.04.21.  (tai-mt)21.04.22. (tai-mt)20.04.09.  (tai-mt)20.04.29.  (aomo-gre)17.05.02.  (tohoku-bot)17.05.02.  (tohoku-bot)12.05.08.  (tai-mt)12.05.06.  (tai-mt)12.05.08.  (tai-mt)15.04.22.  (tai-mt)17.04.20.  (tai-mt)18.04.19.  (tai-mt)