キタマムシグサ   (北蝮草)   サトイモ科 


和名の由来  花(仏炎包)の形が、マムシが舌を出したような姿に似 茎の模様がマムシの模様に似ていることから付いた
花の特徴  仏炎苞の覆いかぶさった上部の真ん中が膨らむ、白い筋が半透明になる
開花時期  4−5月
分布生育地  北海道ー本州北部  林や森の中
その他  (仲間)マムシグサ  ヒロハテンナンショウ


(画像clickで拡大)
22.05.15.  (yamagata-bot)22.05.15.  (yamagata-bot)22.05.15.  (yamagata-bot)22.05.15.  (yamagata-bot)22.05.15.  (yamagata-bot)22.05.26.  (yamagata-bot)