ヒメクグ    (姫莎草)   カヤツリグサ科 


和名の由来   小さいクグ(=カヤツリグサの意味)
花の特徴   葉は幅2〜4oの線形で、苞葉は普通、水平からやや下向きに3個つく 花序は1個で、小花1個だけの小穂が密に固まってつき、直径0.6〜1pの球形になる
開花時期   7-10月
分布生育地   日本全土  日当たりのよい湿った所
その他   


(画像clickで拡大)
21.09.24.  (kohan-n)20.09.20.  (oo-pon)20.09.20.  (oo-pon)20.09.20.  (oo-pon)09.10.04.  (tai-mt)09.10.04.  (tai-mt)09.10.04.  (tai-mt)16.09.11.  (hata-gre)16.09.11.  (hata-gre)