アカバナ   (赤花)   アカバナ科 


和名の由来 夏が過ぎると「葉」が赤くなるので赤花 
花の特徴 ピンクの小さな花 4弁の先が浅く裂ける 草丈 20-70センチ  葉は卵形で鋸歯縁 対生する
開花時期 8-10月
分布生育地 日本各地  平地や山地の湿地
その他 多年草    (仲間)  ミヤマアカバナ  イワアカバナ  ヒメアカバナ


(画像clickで拡大)
08.10.04.  (tai-mt)08.10.04.  (tai-mt)08.10.03.  (tai-mt)20.09.04.  (kohan-pak)12.08.29.  (hata-gre)11.09.09.  (kagi-mt)13.08.14.  (hata-gre)08.10.04.  (tai-mt)08.10.04.  (tai-mt)14.08.24.  (hata-gre)16.09.15.  (hata-gre)17.08.31.  (tohoku-bot)19.08.24.  (tohoku-bot)21.10.22.  (kohan-n) 果実12.11.16. 果実   (hata-gre)