アガパンサス          ヒガンバナ科 


和名の由来 ギリシャ語で「アガペー(愛)」と「アントス(花)」の2語の組み合わさった名
花の特徴  茎先から多数の枝が出て、その先に1個ずつ、淡い紫色をした漏斗状の花を付ける
開花時期  7-8月
分布生育地  アフリカ原産
その他  (別名)ムラサキシクラメン


(画像clickで拡大)
22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)22.08.07.  (yamagata-bot)