ツルナ   (蔓菜)     ツルナ科 


和名の由来 浜辺で「つる」の様に分岐して広がる草で、葉は食べられるので菜が付く
花の特徴  茎と葉に挟まれた部分に黄色い小さな花が咲く 花弁はなく がくが4−5裂して花弁に見える
開花時期  5-11月
分布生育地  日本各地の海岸
その他 


(画像clickで拡大)
21.05.09.  (tori-sea)20.10.14.  (tori-sea)20.10.14.  (tori-sea)20.10.14.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)20.06.21.  (tori-sea)