オクウスギタンポポ   (奥薄黄蒲公英)   キク科 


和名の由来  古くは「鼓草」といわれた。蕾が似ていたためであろう。鼓をたたく音が「タンポポ」に  東北地方が主な自生地
花の特徴   花頭が白っぽいのが特徴 シロバナタンポポに似ているが総苞外片には突起がない
開花時期   4−5月
分布生育地  東北地方から関東北部  道端
その他   別名  ウスギタンポポ      (仲間)  タンポポと名前の花


(画像clickで拡大)
21.04.26.(kohan-y)21.04.16. (kohan-y)20.05.02.  (aoba-pak)20.05.02.  (aoba-pak)08.04.12.  (tai-mt)12.04.24.  (tai-mt)12.05.06.  (tai-mt)10.05.13.  (tai-mt)13.04.23.  (tai-mt)14.04.20.  (tai-mt)14.05.02.  (tai-mt)15.04.25.  (tai-mt)16.04.10.  (tai-mt)17.04.14.  (hata-gre)17.04.20.  (tai-mt)17.05.02.  (tohoku-bot)17.05.08.  (yasou-bot)18.04.27.  (tohoku-bot)