コバノトンボソウ    (小葉の蜻蛉草)      ラン科 


和名の由来 トンボがとまったような形に見えることが名前の由来
花の特徴  穂状花序に一方にかたよって淡黄緑色の花を数個まばらにつける 似ているホソバノキソチドリは距が下〜前方に曲がる
開花時期  7-8月
分布生育地  北海道ー九州  湿原
その他  (仲間) ホソバノキソチドリ  オオバノトンボソウ  トンボソウ


(画像clickで拡大)
21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)21.08.05. (zao-mt)