ヒメフタバラン   (姫二葉蘭)   ラン科 


和名の由来   葉が向かい合って2枚だけ付く、姫と付くが、特に小さいからではないようだ
花の特徴   茎は直立し、葉は対生し、2個だけつく  花はまばらに2〜6個を付け、唇弁はくさび形で深く2裂する
開花時期   3-5月
分布生育地   東北南部以西の本州四国九州  林の中
その他  (仲間)  ランと名前の付く花     フイリヒメフタバラン


(画像clickで拡大)
22.04.21.  (tai-mt)22.04.10.  (nati)22.04.10.  (nati)20.04.25.  (tai-mt)08.04.22.  (tai-mt)10.04.18.  (tai-mt)10.04.18.  (tai-mt)19.04.21.  (tai-mt)19.04..09.  (tohoku-bot)19.04..09.  (tohoku-bot)18.04.08.  (tohoku-bot)10.05.04.  (kagi-mt)12.04.24.  (tai-mt)09.04.19.  (tai-mt)13.04.16.  (tai-mt)14.04.18.  (tai-mt)15.04.13.  (tai-mt)16.04.03.  (tai-mt)18.04.04.  (tai-mt)