フラサバソウ   (フラサバ草)   オオバコ科 


和名の由来   19世紀に日本の植物を採集した,フランス人のフランシェとサバチェに由来
花の特徴  オオイヌノフグリに似ているが小形 全体に白い毛がある 茎は地面を這って四方に広がる
開花時期   3-6月
分布生育地   北海道から九州  野原他   ヨーロッパ、アフリカ原産の帰化植物
その他   (別名) ツタバイヌノフグリ   (仲間) オオイヌノフグリ


(画像clickで拡大)
22.03.29.  (aoba-pak)22.03.29.  (aoba-pak)22.03.29.  (aoba-pak)21.03.30.  (aoba-pak)21.03.30.  (aoba-pak)20.03.12.  (aoba-pak)17.03.29.(青葉山公園)17.03.29.(青葉山公園)17.04.17.(青葉山公園)17.03.29.(青葉山公園) オオイヌノフグリと比較17.03.29.(青葉山公園)17.03.29.(青葉山公園)17.03.29.(青葉山公園)17.03.29.(青葉山公園)17.04.17.(青葉山公園)