フクシマシャジン   (福島沙参)   キキョウ科 


和名の由来   最初に福島県で採取された標本に基づいてこの名が付く
花の特徴   「ツリガネニンジン」に似るがツリガネニンジンの萼は線形なのに対し本種は幅が広い。「ソバナ」は、葉が茎に互生し、葉に長い葉柄があることで見分けられる。また本種は、花柱は花冠からやや突き出している 草丈60〜100cm
開花時期   8-9月
分布生育地   本州中部地方以北 山地の乾いた林縁  多年草 
その他  (仲間)  ツリガネニンジン  ソバナ  シロバナフクシマシャジン


(画像clickで拡大)
21.07.29.  (kohan-n)21.07.29.  (kohan-n)21.07.29.  (kohan-n)21.08.11.  (kohan-n)21.08.11.  (kohan-n)21.08.11.  (kohan-n)21.08.11.  (kohan-n)10.08.19.  (kagi-mt)10.08.19.  (kagi-mt)10.08.19.  (kagi-mt)11.08.28.  (kagi-mt)10.08.19.  (kagi-mt)14.08.21.  (kagi-mt)14.08.21.  (kagi-mt)10.08.19.  (kagi-mt)10.08.19.  (kagi-mt)