アケボノソウ    (曙草)    リンドウ科 


 和名の由来  花びらにある紫黒点を「夜明けの星」に見立てて付いた名
 花の特徴  花冠は5つに分かれ、内側に少しめくれる 花びらの中央には黄緑色の2つの蜜腺があり、先のほうは緑黒色の斑点が散りばめられている 草丈100センチ 
 開花時期  9-10月
 分布生育地  北海道から九州に分布 2年草   湿原の周辺草地や山間の小川のほとりなどの湿った場所に生育する
 その他  


(画像clickで拡大)
21.08.29.  (akiu-bot)11.10.02.  (kagi-mt)11.10.02.  (kagi-mt)11.10.02.  (kagi-mt)20.09.09.  (akiu-bot)20.10.04.  (yasou-bot)20.10.04.  (yasou-bot)20.09.13.  (yasou-bot)11.10.02.  (kagi-mt)15.09.16.  (yasou-bot)15.09.16.  (yasou-bot)15.09.16.  (yasou-bot)17.09.19.  (yasou-bot)15.09.16.  (yasou-bot)18.09.26.  (yasou-bot)15.09.16.  (yasou-bot)16.09.16.  (yasou-bot)16.09.16.  (yasou-bot)